初心者がハマりがちなコピーライティングの罠


こんにちは、田中 幸裕です!


「情報発信ビジネスやるなら
 コピーライティングが大事!」

「コピーライティングを学べば
 売上げは伸びる!」

なんて言葉をよく聞きますよね。



たしかに、
文章でモノを売る情報発信ビジネスにおいて
コピーライティングはめちゃくちゃ重要です。


しかし
コピーライティングの勉強を始める前に

まず最初に押さえておくべき
【大切なポイント】
があるんです。


今回は
「初心者がハマりがちな
 コピーライティングの罠」
についてシェアしていきます。

情報発信ビジネスにおいてコピーライティングは超重要!


「情報発信ビジネス」は
その名の通りビジネスです。


情報を文章として書いて
商品を売る必要があります。

そして
文章で商品を売るスキル
=コピーライティング
です。


なので
アフィリエイトなどを始めた初心者さんが
成果をあげるべくコピーライティングを
勉強するのはすごくよく分かります。


「自分のメデイアにアクセスを集めて
 セールスして成果をあげたい。
 そのために文章でモノを売るスキルである
 コピーライティングを学ぼう」
と思うのは間違っていません。


セールスにおいて
成約率を1%から2%に
上げることができれば

それだけで売上は2倍になりますからね。


これがコピーライティングが持つ威力
チャチャッと文章を変えるだけで
売上が2倍にも3倍にもなったりします。


ですので、貴重な時間を割いて
コピーライティングを学ぼうとする
あなたの選択はめちゃくちゃ正しいです。


オススメのコピーライティングの本
読んだりしてぜひ勉強してください。


ただし
コピーライティングの勉強をすべきなのは

ある大切な【条件】をクリアしている人
に限ります。

クリアすべき条件:わかりやすい日本語


コピーライティングで学ぶのは

 ●文章だけでいかに人を動かすのか
 ●いかに読者に共感してもらうのか
 ●いかに信頼関係を築くのか

という行動心理学なども関係する
かなりレベルの高い文章スキルです。


レベルの高い上級スキルを学ぶために
初級→中級→上級とステップを踏むのは
どんな分野でも同じです。


文章スキルにおいても
「初級」をきちんと学び理解した後でないと
「上級」であるコピーライティングを
学んだところで
頭の中は ???・・・ となってしまいます。



まず
初級をしっかりと学ぶことが必須なんです。


じゃあ
上級スキルであるコピーライティングを
勉強するための【条件】となる
学んでおくべき初級スキルは何か?




国語(日本語)です。



あなたがブログなどで文章を書く目的は

「伝えたい情報を相手に
 読んで理解してもらうため」

です。



文章で巧妙に読者の心理を誘導する
コピーライティングを学ぶ前に

「自分の伝えたいことを
 相手にちゃんと理解してもらう」

「相手に伝わる
 わかりやすい日本語で文章を書く」

ということができていなければ
アフィリエイトで稼ぐ云々どころの
話じゃありません。


この土台となる
「わかりやすい日本語を使って文章を書く」
ということをあまりにないがしろにしている
初心者が残念ながら多くいます。



「う~ん、日本語得意じゃないかも
 ちょっと不安・・・」

そう思ったあなたは、早速
一緒にチェックしてみましょう。

あなたの日本語をチェックしてみよう


あなたが普段、
「わかりやすい日本語を使う」
ことを意識して文章を書けているか?
少しチェックをしてみましょう。


次の文章を分かりやすくなるように
修正してください。

チェック①
「書籍でコピーライティングを学ぶ前に
 しっかりと日本語を勉強しましょう」



いかがでしょうか?

修飾語の位置がちょっと
わかりにくいですよね。


最初の「書籍で」が修飾しているのは
「コピーライティング」ではなく
「学ぶ」です。


同様に
後半の「しっかりと」も
「勉強」にかかっています。


修正すると
「コピーライティングを書籍で学ぶ前に
 日本語をしっかりと勉強しましょう」
となります。

チェック②
「独りでキャンプに行くなら、
 テントの立て方を覚えたり、
 火起こしの知識は欠かせない」



どうでしょうか?


言葉のつなぎに少し違和感、
読みづらさを感じますよね。


並列関係が正しく整理されていないからです。


テントの立て方を覚え”たり”とくれば
続く文章も同じ形”~たり”
とする必要があります。


「テントの立て方を覚えたり、
 火起こしの方法を習得したりすることは
 欠かせない」

このような文章ならば◯です。


さらに分かりやすくするために
同じ意味の言葉である
「覚える」と「習得」が少しくどいので
1つにまとめます。


「独りでキャンプに行くなら、
 テントの立て方や火起こしの知識は
 欠かせない」

こうすれば◎です。



いかがでしたか?
すぐに分かりましたか?


自分が書いた文章を読み直してみて
少し違和感を感じたら
「どこがおかしいのか」ちゃんと考える。
そして修正する。

これが大事なんです。


もしかしたら
「内容がわかればいいんでしょ!」
とあなたは思うかもしれませんが


ネットの世界では
「ちょっと読みづらいなぁ・・・」
「なんかわかりづらい・・・」
と思われたら【THE END】


閉じるボタンをポチッ
とされてオシマイ
・・・です。


そもそも文章を読んですらもらえません。
読まれなければ内容なんて伝わりません…


わかりやすい日本語で文章を書くことは
伝えたいことを
相手に理解してもらうのはもちろん、

あなたが発信する情報を
読み続けてもらうためにも必須なんです。

ハマりがちなコピーライティングの罠


「初心者がハマりがちな
 コピーライティングの罠」
として

日本語をないがしろにしがちであることを
シェアしてきました。


しかし
少し矛盾するようですが
ブログ記事などを書く際に
絶対に正確な日本語で書く必要はないですし
日本語の文法を学び直す必要もありません。


伝えたいのは
情報発信ビジネスやるなら
 コピーライティングが大事!」

という考え方が当たり前になってきている今、

ついついテクニック重視となりがちですが
まずはその基礎となる
「わかりやすい日本語で文章を書く」
ことにきちんと意識を向けてほしい
ということです。



自分主体ではなく、相手目線で
相手主体の文章を書く意識を持とう

ということです。


たしかにコピーライティングを学ぶ
費用対効果(コスパ)は抜群に良いです。

勉強すること自体も面白く、
色んなビジネスに展開可能です。


情報発信ビジネスで生活していくなら
コピーライティングの学習は
避けては通れない道だと思います。


しかし
初心者や文章を書くのが苦手だという人こそ
まずは基礎である初級から学ぶべきです。


一見、
まわり道のように感じるかもしれませんが
結果として
上級であるコピーライティングのスキル習得も
早まると思います。



そして何より
多くの人が基礎をおろそかにしている中で
基礎をしっかり固め、

相手目線のわかりやすい文章を
書くことができるようになれば

それだけであなたは
確実にライバルに大きな差をつけられます

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)