運動や睡眠よりも寿命が伸びる超絶”意外”な習慣とは?


こんにちは、田中 幸裕です。


先日、学生時代の友人と最近よく聞く
「人生100年時代」などについて
話をしていたときに教えてもらった

寿命を伸ばす効果があるという“習慣”
僕にとってここ最近で一番の驚きだったので
シェアしたいと思います。

健康のために必要なもの


「健康のために必要なもの」
と聞いて、
あなたは何を思い浮かべますか?



・適度な運動
・充分な睡眠
・オーガニックな食事

・大好きな趣味に没頭して
 心身ともにリフレッシュする
・大好きな仲間と過ごす時間
・嫁に怒られない
 ストレスフリーな毎日 笑

などなど色々と浮かんでくると思います。



実際、世の成功者と言われる人たちは
健康に重きを置いてる人がほとんどで

●毎朝仕事の前にジョギングする
●寝る前に必ず体操する
●7~8時間睡眠を取る
●ファーストフードを避け
 健康的な食事を摂る

といった、先ほどイメージしたような
健康を維持するための習慣を持っています。



これらの習慣にはもちろん効果があるのですが
実は、あるめちゃくちゃ意外な習慣
健康に効果があることが分かってきたんです。

健康寿命に効果がある超絶”意外な習慣”


65歳以上の40万人を対象に
NHKが行った調査の結果によると

何歳まで元気に過ごすことができるかという
「健康寿命」を伸ばすために必要なのは

運動・食事・睡眠といった習慣よりも
「本を読む」習慣だと言うことが分かったんです。



アメリカのイェール大学が
50歳以上の3635人を対象に

12年にわたって追跡調査を行い、
2016年に発表した研究結果でも

「読書をする習慣がある人」は
「読書をしない人」よりも23ヶ月、

約2年長生きすることが
明らかになっています。

出典:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5105607/



日本における調査を見てみても

人口あたりの図書館数と図書館利用率が
全国で1位の山梨県は

健康寿命が男性は全国1位、女性は全国3位
となっていて深い関係がありそうです。

読書をする習慣がもたらす効果


健康に長生きするためには
食事や睡眠、運動よりも
読書をする習慣の方が効果がある、

僕はこれを聞いた時、
友人とランチしていたお店で

「ゥエエェーーッッ!!!」

とアニマル浜口かサンシャイン池崎か(古)
ってくらいの大声を出してしまったほど
めちゃくちゃ驚いてしまいました。


もちろん、読書をする習慣がもたらす効果は
健康寿命を伸ばすだけに留まりません。


・教養レベルが上がる
・語彙力が伸びる
・新しい視点を得られる
・知識量が増え、理解力が上がる

・知的好奇心が刺激されて
 脳が活性化し、アイデアがわく
・まったく異なる分野の人とも
 深いレベルで話ができるようになる
 →人脈も広がる

・成功している人の思考パターンを学び
 身につけることができる
・すでに亡くなっている過去の偉人の
 考え方に触れることができる

 ・・・
 ・・・
 ・・・

など、考え出すとキリがないくらい
多くの効果があります。


読書をすることで新たな思考を手に入れ
人生を豊かなものにできるだけでなく
寿命まで伸びてしまうと知ったら

もともと本を読むのは好きでしたが
もっともっと多くの本が読みたくて
しょーがなくなってしまいました 笑


結果、読みたかったけど
まだ読めていなかった本を
一気にamazonで大人買いして
読みまくりました。


今年はもっと本を読もうと思います。


もしあなたも、この事実を知って
本を読みたくてウズウズしてしまったなら
その勢いで読書しまくっちゃってください♪

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)