質問があなたの人生を変える


こんにちは、田中 幸裕です。


今日は、400万人以上の人生を好転させた
世界NO.1コーチといわれる
アンソニー・ロビンズという人の

「質問は人生を変える」

という言葉をシェアしたいと思います。



僕はこの事実を知ってから
“質問”が持つ人生を変える力
を日々感じています。

人間の脳に備わった機能


人間の脳には

質問をされると
自動的にその答えを探そうとする


機能が備わっています。



たとえば、
「今朝なに食べた?」
と聞かれれば

自動的に今朝食べたものが何だったかを
Googleのように検索しだすわけです。

肝なのは、この脳の機能は
“自動的に”答えを探し出す
ということです。


意識して考えないでおこうとしても
質問されると自動的に
答えを探し始めてしまうんです。



「富士山ってどんなんでしたっけ?」
って質問されたら

考えるのをやめようと思っても
もうあなたの頭の中には自動的に
富士山が浮かんでしまってるハズです 笑

考えることは”質問”が決めてる


人間は1日中色んなことを
頭の中で考えてます。


仕事のこと、
家族のこと、
給料のこと、

今日の晩御飯のこと、
欲しい洋服のこと・・・


朝起きたときから
寝る直前までずーっと
何かしら考えてるわけです。



そして、その考えは常に
質問がキッカケになって
浮かんでいます。


「今日って何の打合せだったっけ?」
→仕事のことを考え始める


「お腹へったなぁ・・・
 今日何食べようかな?」
→晩ごはんのことを考え始める


「今度の結婚式何着ていこうかな?」
→欲しい洋服のことを何かを考え始める


といった具合です。


他人から言われたのか
自分自身でしたのか、

意識しているか
していないかに関わらず

質問が“考えること“を決めているんです。



質問の内容によって
あなたの考えは変わるんです。

そして”考えていること”が変われば
あなたの”行動”が変化します。


行動が変われば、
結果が変わります

結果が変われば
人生が変わります。


つまり、質問が変われば、
あなたの人生が変わる
んです。

質問があなたの人生を変える


何を質問するかで
あなたの人生が決まります



質の低い質問をしていると
質の低い人生を生きることになります。


逆に言えば、
質の高い人生を生きたければ
質の高い質問をすればいいんです。


例えば、朝起きたときに
「今日はどんな嫌な仕事が待ってるのかな?」
と質問をすれば

あなたの脳みそは「嫌な仕事」をリサーチし始め
色んな「嫌な仕事」をキャッチして
あなたの意識のもとに連れてきます。


その結果、朝から
「今日も嫌な仕事ばっかだなぁ…」
とネガティブな気持ちで
仕事をすることになります。



「今日どんないいことが起こるかな?」
と質問をすれば

脳は「いいこと」をリサーチし始め

朝、お隣さんに挨拶してもらえたこと、
ランチが美味しかったこと、
仕事が予定通りに終わったこと、
息子が似顔絵描いてくれたこと・・・など

色んな「いいこと」に気づき
ポジティブな気持ちで
仕事ができるようになります。



僕はこの事実を知るまで
自分自身に無意識に問いかけている
【質問の“質“】について
一度も考えたことがありませんでした。


質問の質を上げることによって
僕は毎日の質が上がり、
その結果、文字通り人生が好転しました。

ネガティブな情報は思ってる以上にパワフル


自分自身への質問を変えていくうえで
知っておいてほしいことがあります。

それは
「ネガティブな情報は
 思ってる以上にパワフル」

だということです。


たとえば

「これをやっておけば収入が10%伸びるよ」
って言うのと

「これやっとかないと破産するよ」
と言うのとでは

どちらの方に強く反応するかといえば
後者ですよね。


これは単純に

原始時代の人間にとっては
ネガティブな情報の方が大切だったので

脳の仕組みとして
ネガティブな情報に強く反応するように
できているという名残りなんです。



美味しそうな大量の木の実
(ポジティブな情報)と

腹をすかせて近づいてくるライオン
(ネガティブな情報)があったら

ネガティブな情報をすかさず察知して
リアクションできなければ
死んでしまいますからね。



「人間は生命を守るために
 ネガティブな情報に敏感にできてるもの」


ということを知っておいて下さい。


特に最初の頃は
慣れていないこともあって
なかなかポジティブな質問が
出てこなかったりしますが

これを知っておかないと
ネガティブな質問が湧いてくるたびに

「ああ、俺ってダメな奴だ・・・」
と無駄に思ってしまうことになるので。

人生を好転させる“セントラル・クエッション“を決める


これまで書いてきたように
質問の質があなたの人生を左右します。


質問によって
あなたの人生の質は上げられるんです。


具体的な実践法のひとつとして
あなたの人生を好転させるための
中心的な質問「セントラル・クエッション
を決めるというものがあります。


僕は冒頭に話した
アンソニー・ロビンズが使っている

「How can I make it better?」
(どうすればもっと良くできるか?)

をセントラル・クエッションとして
使わせてもらってます。


仕事でもプライベートでも
良いことでも悪いことでも
どんなことに対しても

自分への質問は
「どうすればもっと良くできるか?」
という質問をにして
考えるようにしています。


このを決めておくことで

迷ったとき
壁にぶつかったとき
感情がネガティブな方向に流れているとき

にすぐに立ち戻ることが
できるようにもなります。



質問は

「どうしたらもっと楽しくなるか?」
「どうすればもっと役に立てるか?」

などあなたの人生を好転させる
聞いただけでウキウキしちゃうものなら
何でもOKです。

途中で変えたって構いません。



僕ももうちょっとしたら
変えてみようかなぁと考えてるとこです。

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)