人間の最適な労働時間は4時間?!


こんにちは、田中 幸裕です。



ここ最近
「働き方改革」に代表されるように
“生産性”に多くの注目が集まっています。


しかし、言葉的には注目されてるものの
現実的にはまだまだ変化は乏しく

日々夜遅くまで残業して
頭が回らなくなって
余計に生産性が落ちて
仕事が終わらない・・・

という悪循環から抜け出せていない人は
結構多いように感じます。



僕も昔、なかなか効率よく仕事ができず
生産性が上がらない時期がありました。


でも、メンターから「あること」
教えてもらったことをきっかけに
大きく仕事のやり方を変えました。


それ以降、仕事の段取りを決める際には
必ずこのことを意識するようになったことで
以前よりも確実に生産性が上がっています。



そこで今日は、働き方を変えるにあたり
大きなきっかけになるであろう
「ある重大な事実」をシェアしたいと思います。

ある重大な事実


僕が仕事のやり方を変えようと思った
「ある重大な事実」。


それは・・・

人間の集中力は1日4時間しか持たない

ということです。


「いやいや俺毎日
 8時間以上仕事してるし!」

「部活で朝から夕方まで
 ガッツリ練習してますよ!」

僕も初めて聞いたときは同じように思いました。



「特定の分野で一流になるために
 必要な練習時間は1万時間である」

という”1万時間の法則”を
提唱したことでも知られる

米フロリダ州立大学の心理学者である
K. アンダース・エリクソン博士によると


一流のバイオリニストやアスリートなど
優秀なパフォーマーを研究した結果、

世界トップクラスのパフォーマーたちが
集中力を必要とする練習に充てる時間は
1日4時間までに制限している


ということが分かっています。



米イリノイ工科大学が行った研究でも

週20時間働いている人に比べて
週35時間労働の人は
仕事の生産性が半減した


という結果が出ているんです。

労働時間は1日4時間が最適?!


これは心理学の分野で
「集中力の分配(focus dividends)」
と呼ばれる概念で

一言でいうと
「時間を短縮した方が生産性は上がる」
というものです。



実際、1日丸々を仕事で埋めてしまうと
集中力が分散してしまい
ついダラダラしてしまいますが

締切りがあるなど時間が限られていれば
できる限り早く作業を終わらせようとする
気持ちが起きて、それが最初のアクション生み
勢いをもたらします。


その結果、1日丸々を
同じ仕事のために予定を空けておくよりも
仕事が早く終わる=生産性が上がる
ということなんです。



時間の締切りがあるときの方が
エネルギーが上がって集中でき
仕事の生産性が上がる

というこの感覚は
きっと誰しも理解できると思いますし、
「当たり前のことじゃん」
と思った人もいると思います。


でもこれを日頃の習慣として
定着化できている人は
なかなかいないと思います。



僕は単純にこれを習慣化しただけです。

「人間って1日4時間しか集中できない」

と思って、4時間集中して仕事をすることを
実際に習慣化してみると

体で体感できるくらい
めちゃくちゃ生産性が上がって
本当にビックリしました。

戦略的に休むことも大事


とはいうものの、現代は
ひとつの仕事に集中するのが
非常に難しくなっているのも事実です。


仕事の内容が高度化していることに加え
パソコン、eメール、スマホと

あなたの集中を邪魔するものは
時代が進む進むにつれどんどん増えています。



マイクロソフトがまとめたレポートによると
現代人が連続して集中できる時間は

2000年で12秒だったのが
2015年には“8秒”(!!!)にまで
縮まってしまったようです。


これほどまでに集中することが

難しくなっている状況の中で
どうすれば集中力を発揮できるのか?


「戦略的に休む」んです。



イメージとしては「筋トレ」と同じです。

筋トレも同じ体の部位を鍛える
トレーニングばかりしていると

疲労脳の蓄積や刺激への慣れによる
筋組織の強度向上の停滞や
場合によっては怪我が発生してしまいます。


そのため、日々トレーニングのメニューを

今日は腕の周辺、
明日は腹筋・背筋、
明後日は下半身

といったように
鍛える体の部位や強度を少しずつ変え
意図的に休ませる必要があります。



この筋トレと同じ要領で
1週間の中におけるエネルギー状態にあわせ
仕事内容を変化させていくんです。


例えば、

― ― ― ― ― ― ― ―
月曜  :休み明けでウォームアップ
     エネルギーは徐々に上がる
    →負担の少ない単純作業

火-木曜:エネルギーがピ-クに達している
    →クリエイティブな難しい仕事

金曜  :疲れが出てきてエネルギーが下がる
    →話し合いなど負荷の少ない仕事
― ― ― ― ― ― ― ―

といったように曜日によって
仕事を変化させながら戦略的に休むことで
高いパフォーマンスを維持するんです。



僕は

・集中力は1日4時間しか続かないこと
・曜日のエネルギーにあわせた仕事をして
 戦略的に休みつつ仕事をすること

を意識するようになってから疲れにくくなり
疲れないのでモチベーションが下がることも格段に減りました。



何をするにも生産性を上げて
「より少なく、されどより良く」
仕事をすることを意識すると

自由な時間も増えるし
疲れにくくなって
高いパフォーマンスを維持できるし
いいことづくめだなと感じています。


生産性について興味がある方は
こちらの記事 もぜひご覧下さい。

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)