えっ・・・ 85%の人がやるべきことを行動に移せない???


突然ですが

●「やらなきゃいけない」って
 分かっているのになかなか行動に移せない… 

●「すぐにでもやるべき」って
 思っているのにそう思ってから早半年…


なんてこと
きっとあなたもありますよね?!



こんにちは、田中です!
今日はメンタル系の話題をお話していきます。


冒頭の話に戻りましょう。


なぜ人と組織は変われないのか 」 の著者である
ロバート・ギーガン博士によると

なんと85%もの人が
必要だとわかっていても「できない」
と思ってしまい
行動を起こすことができないんだそうです。



85%って
ちょっとビックリする数字ですよね?!



人の無意識というのはときに厄介で
不安なことを直視せずに済むように
それらを避けてしまう作用が
あるということなんです。

つまり、人間誰しも
「絶対に●●しよう!」
と思うと同時に

「●●できなかったらどうしよう・・・」
と無意識に考えてしまうんです。



もう少し分かりやすく言うと

「絶対に新幹線のことを
 想像しないで下さい!」

って今言われたあなたの頭の中には
もうきっと新幹線が浮かんでいるハズです笑



人間って反対のことを
無意識に考えてしまうものなんです。


こんな風に
たとえそれが自分にとって
どんなに正しい事であっても

脳の仕組み上
いろんな理由をつけて行動することから
逃げたくなってしまう「反対の自分
いるんです。



これは人間が進化していく過程で
身につけた自分にとって
強いストレスとなる
=悪なものを排除するための
 免疫抵抗力のようなものです。


免疫機能は
ウィルスなどの身体的なものだけでなく
ストレスのような精神的なものにも
働くんです。



「じゃあ、どうしたらいいの??」
という声が聞こえてきそうですね。

まずは
○○したいと思いながらも
同時に■■してしまったらどうしようと
不安に思っている自分がいることを
認めてあげましょう

そして、そんな「反対の自分」に
気づいてあげられた後は

「何が何でも絶対に〇〇するっ!! 」
とエネルギーを込めすぎないようにするんです。


エネルギーを込めすぎてしまうと
逆に〇〇できなかったらどうしよう
と考える不安な気持ちも
同時に強く働いてしまいます


物に当てる光をどんどん強くすると
同時に影も強くなっていくように・・・



「出来ても出来なくてもいいけど
 出来たらいいなぁ~」

くらいに思うのが思い方のコツです。


それくらいだと
脳がストレスだと認識しない、
免疫機能が働かないので
行動しようと思いやすいですし

何より万一「絶対に〇〇しよう」
って思ってたことが間違っていたって
気づいた時に方向転換しやすいですしね♪


あなたも今一度
自分の心の中を覗いてみて下さい。


反対の自分が
一生懸命ブレーキを
踏んでるかもしれませんよ!



心の持ち方・思考に関して興味がある方は
よろしければぜひこちらの記事も御覧ください!

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)