映画「シェフ ~三ツ星フードトラック始めました~」|活力とヨダレが止まらない、自然体のポジティブさが気持ちいい映画


こんにちは、田中幸裕です。


今日は
楽しみながらビジネスも学べる
オススメの映画を紹介します。

オススメ映画 「シェフ」
楽しみながらビジネスも学べる


今回オススメする映画は「シェフ」



映画の主人公と同じ”シェフ”の友人から
すすめられて観たんですが

「トラブルがあっても
 結果がよけりゃオーライ!」

という押しつけがましくない
自然体のポジティブさ
終始作品全体に流れていて



ユーモラスな仲間と
阿吽の呼吸で作り出される
めちゃくちゃ美味しそうな料理
次々と完成していく様子が爽快で

ラテンの音楽が手伝ってか
ひたすら楽しい
活力が湧いてくる映画です!



そして純粋に楽しいのはもちろん
「SNSの力」についても描かれていて
ビジネス的な学びを得られる点でも
オススメしたい映画です。

映画「シェフ」のあらすじ


ロサンゼルスの一流レストランで
総料理長を務めるカール。
(下の写真の一番右)



大物の料理評論家が
自分の料理を評価すべく来店するのに伴い
自らの腕を試すべく
創作料理で勝負しようとするが

保守的なオーナーの反対にあい
オーソドックスなメニューの料理を
出すように指示され
カールはやむを得ずそれに従う。



するとカールは料理評論家から
チャレンジをしないその姿勢と料理に対して
酷評を受けてしまい、
またそれがTwitterによって
拡散されていることを知る。



これが面白くなく怒り心頭するカールは
慣れないTwitterを使って
汚い言葉で反論し炎上させた挙句
その評論家へ再戦を申し出る。



しかし
その評論家が再度来店した際に
怒りを爆発させ
罵詈雑言を浴びせてしまい

さらには
この様子を撮影していたお客の動画が
SNSによって拡散されたことが原因で

カールはレストランをクビになったうえ
他のレストランからも採用を断られ続ける
という状況に陥ってしまう。



窮地に陥り、
次の仕事を探さなければならなくなった彼は
元妻イネズの誘いで訪れたマイアミで
絶品のキューバサンドイッチと出逢う。



そして
この美味しさを人々に届けるべく
フードトラックで移動販売を
始めることを思いつく。



譲り受けた
ボロボロのフードトラックを改装し
息子のパーシーと旧友のマーティンと一緒に

マイアミからロサンゼルスまで
究極のキューバサンドイッチを
作り・売る旅をスタートさせる。



カールが作るキューバサンドイッチは
たちまち評判になり
その噂はSNSによって瞬く間に広まっていく。


そして、いよいよあの評論家が待つ
ロサンゼルスに向かう道中で・・・



という
高級レストランで働く一流シェフの
転落から再起までを描いた
サクセスストーリーです。

ダイエット中の鑑賞禁止!ヨダレが止まらない・・・


この映画の第一のオススメポイントは
誰が何と言おうと
「美味しそうな料理の数々」
です。


ホントにとにかく
美味しそうというか
超ウマそうなんです!



食べるのが好きな人は
観ているだけでお腹が鳴りそう
そのウマそうな料理の数々を
ヨダレを垂らしながら?!
見ているだけでも楽しめるハズです笑



また個人的には
映像がとてもキレイで
かつ、カメラワークが秀逸なので

料理を作っている時の
食材を切る包丁の
匂ってくるハズのない料理の香り


口の中のヨダレ製造機の制御が
完全に崩壊してしまい
終始ダダモレ状態
でした 笑



とりあえず美味しいものが
食べたくなることは間違いないので
ダイエット中の人は
絶対に見ない方がイイ

と思います。

「SNSの力」が描かれている


そしてもうひとつの
おすすめポイントは
「SNSの力を知れる」
という点です。



映画「シェフ」において
ストーリー展開のキーを握るのは
TwitterやYoutubeといったSNSです。



●SNSで料理評論家を罵倒し
 騒動を起こしたことをキッケカに
 一流レストランの料理長の座をクビになり
 おんぼろフードトラックで

 旅に出るキッカケを作った


●地位も名声も地に落ち
 文字通り0からの出発で
 フードトラックでの販売に再起をかけ
 その困難を乗り越えるキッカケを作った



のもSNSなんです。



振り出しに戻されたのもSNS
成功へ導いたのもSNS


なんです。


ここも一捻りあって
この作品を面白くしている一つの要因ですが
ここからビジネス的にも
学べることがあります。

ビジネスは信念の発信が大切だと気付かせてくれる


SNSが持つ力に疎い主人公のカールが
ダイレクトメッセージだと勘違いして
世界中に悪口を発信してしまうという
最悪の対応を取ってしまうことが
笑える反面、


料理人にとってある意味
宿敵とも言える料理評論家に対して
カールが大衆の面前で

どれだけ自分やスタッフたちが
その料理を作るのに
苦労し検討を重ねたか、
酷評されて傷付いたのかを


罵詈雑言を混じえながらも
熱く訴えかけるシーンで
僕は熱く響くものがあり
目頭が熱くなりました。



僕はここに、この作品における
大切なもう一つのキーがある
と思うんです。



TwitterというSNSが存在しなければ
この物語におけるカールの成功が
なかったことは間違いないですが

少し大げさに言えば
別にTwitterじゃなくてもよかったんです。


もっと重要なのは
主人公であるカールが持っていた
信念です。



「他人が何と言おうと
 自分が最高だと胸を張って提供できる
 料理を作りたい」

「美味しいものを作って
 お客さんを喜ばせたい」



という”強い信念”があったからこそ
大物評論家相手に公衆の面前で
暴言を吐いた彼に人々は共感し

その料理をリピーターとなって購入し
また友人・知人たちにTwitterを使って
拡散したんです。



まずは何よりも先に
この信念があったからこそ
なんです。



人は料理の味や機能性に対してではなく
信念や想いに共感します。



共感できる信念や想いが先にあって
初めて何度も食べていと思うし
友人にも薦めたいと思うんです。



目の前の料理が
コスパがよくて機能的にも体にとてもいい
ということを
どんなにわかりやすく説明されても
そこに共感はしませんし、

人生を生きるうえでも
めちゃくちゃ役に立つ情報が書いてあるけど
教科書や参考書には心動かされないので
共感しませんよね。



逆に言えば
人を熱くさせる・共感してもらえる信念があれば
現在においてはそれをSNSなどのツールを使って
拡散していくことで

多くの人の心を動かし
集客することが可能だといくことを
教えてくれるんです。

父と息子の絆が深まっていく様子にほっこりする


最後にもう一つ。


離婚後、うまくいっていなかった
父と息子の関係が

一緒にフードトラックで旅をし
苦楽を共にしていく中で
少しずつ良くなり

息子との絆が深まっていく様子
またいいんです。



個人的には旅が終わりに近づいた時に
息子に語りかける言葉に泣けました。


父親であるカールも素敵なんですが
僕は自分も息子を育てる父親だからか
息子くんにゾッコンで
「いい息子やー(T。T)」
となって涙が止まりませんでした笑



ラテンの空気が流れる
活力が湧いてくる素敵な映画「シェフ」。


ぼくももう一度見てみようと思います。


成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)