映画「奇跡のリンゴ」レビュー|ビジネスの成功要素が学べる奇跡じゃなく必然の映画!


こんにちは、田中幸裕です。


今日は、実話にもとづいて作られた
ビジネスにも役立つ要素がいっぱいの
オススメの映画をシェアします。

映画「奇跡のリンゴ」


この前、料理人をしている友人に

「何かうまくいかねぇなって
 挫けそうになったときにオススメだよ」

と勧められて
“奇跡のリンゴ”という映画を見ました。



見てみたら本当にその通りでした。


全編通じて話される津軽弁の効果もあってか
阿部サダヲと菅野美穂が演じる夫婦が
めっちゃくちゃ可愛くて

ピュアな夫婦愛の深さとその大切さを
ほっこりと感じさせてくれます。



そしてそれだけじゃなく
ビジネスで重要な「継続」「分解」の力を
押し付けがましくない形で

阿部サダヲ演じる木村秋則が
背中で教えてくれる本当にイイ作品なんです。



にもかかわらず

「この映画、知名度低すぎでしょッ!」

と思ったので今日は
映画「奇跡のリンゴ」について語っていきます。

簡単なあらすじ


リンゴ農家の木村秋則さんの実話を
映画化したもので1970年代の青森が舞台。


町人のほとんどが
リンゴ栽培を生業としている田舎町に生まれ

ラジオにテレビ、友人のバイクと
あらゆるものをとにかく分解しちゃう

阿部サダヲ演じる超絶分解好き
ちょっと変わり者の三上秋則が主役です。



ちょっと変わった人の役を
阿部サダヲに演じさせたら
叶う人はいないですよね 笑



秋則が高校時代の同級生である
菅野美穂演じる木村美栄子と結婚し、

リンゴ農家の木村家の婿養子となる
ところから物語は本格的にスタートします。



サラリーマンを辞めて美栄子とともに
リンゴ栽培に勤しんでいたある日、
美栄子の体に異変が生じます。


リンゴを育てるうえで
年に十数回も散布する農薬が
美栄子の体を蝕んでいたことが分かり

秋則は美栄子のため
農薬を一切使わないリンゴの無農薬栽培
切替えることを決意します。



しかし当時、リンゴの無農薬栽培は
「絶対に不可能!!」
と言われていた方法。


秋則は義父の支援を受けながら
無農薬栽培に挑戦するも

何度も失敗を繰り返してしまい
だんだんと借金が膨らんでいき

次第に周囲の農家から孤立していき
妻や娘たちに辛い思いをさせてしまいます。



10年の歳月がたっても成果が出ず、
窮地に追い込まれた秋則は
遂に自殺を決意し、1人山奥に向かい

首に縄をかけようとした時にそこで
枯れることなく
また害虫が発生することもなく

自生している1本のくるみの樹を見て
奇跡の大逆転となる糸口を思いつき・・・

10年以上 試行錯誤するって・・・


冒頭にも書きましたが
阿部サダヲ演じる秋則の背中は
多くのことを訴えかけてきます



気づけば自分を重ね合わせて
見ている自分がいました。


僕はこの映画を見終わった直後、

周囲から猛反対を受け、
うまくいくかどうか全くその道筋すら
見えないところからのスタートで

自分は10年以上もの間
試行錯誤を続けられるだろうか?


自分一人ならまだしも、
家族を巻き込んで
身も心もズタボロになりながらも

自分を信じて
歩みを止めずにいられるだろうか?



と自問自答させられました。


そして同時に、この映画には
ビジネスで成功するための重要なヒント
いくつも隠れていることにも気づかされました。

ビジネスを成功に導く「継続」と「分解」の力

①「継続」の力


ビジネスに失敗はつきものです。


このブログの他の記事でも何度か書いてますが
成功した人って才能に溢れた人とかじゃなく

どこにでもいる普通の人で
たくさん失敗をしながら
ただシンプルにやることやってるだけです。



たとえ量が多くとも
やるべきことを着実にこなしていく中で

失敗から学び
成功するまで歩みを止めず

壁を突破した人たちが
成功してるだけなんです。



この映画の主人公秋則も
何百何千とある膨大な方法を

悪戦苦闘を繰り返しながらも
1つずつ確実に試していった結果
成功への道筋を見つけています。


うまくいくまで「継続」さえすれば
自然と圧倒的な量をこなすことができるので
いつか必ず成功するんです。

②「分解」の力


こういうと、きっと
「その継続できる力が才能だよ」
って言う人が出てきそうですが

僕はこの映画をみて改めて
それは違うと思いました。


誰だって続けるのはしんどいですし
それは成功した人も同じです。


成功した人たちは
人間はなかなか続けられないことを知っていて

「しんどいからやめる」のではなく
すぐ止めたくなってしまう自分でも
どうすれば続けられるのかを考えて

継続するための“仕掛け”を作ることに
頭に汗をかいて考えているだけなんです。



その”仕掛け”がこの映画では
「分解」だと思うんです。


この映画では分解好きの秋則が
一見困難に思えたり
解決の糸口すら見えない問題をひとつひとつ

●今やれること
●すぐにはできなくてもやるべきこと
●やらなくてもいいこと

「分解」して

①まずはやれることをやる
②すぐにはできないことは
 どうすればやれるようになるか
 また「分解」して考える


ということをしながら
確実にやれることを行動に移しているんです。


この「分解」を行うことで
一見不可能に見えることも

「やるべきこと」と「やらなくていいこと」
に分けることができるので行動が早くなる


「次にやるべきこと」も明確になるので
迷いがなくなりモチベーションも続


その結果、継続できるんです。



人間、何をやればいいのか分からないと
モチベーションが湧いてこないですが

「あとはこれをやるだけ」だと
明確になっていれば自然と
逆にやりたくなるようにできてるんです。



月に100万円稼げるようになりたいと思っていて

「このAという作業を1000時間やれば
 月に100万円稼げるようになる」

ということがわかったら

1日3時間×333日(約1年)なり
1日6時間×166日 (約5ヶ月半)なり
かけて絶対にやろうと思いますよね。


僕はこの映画を見て
ビジネスを成功に導く「分解」の力を知り、

「継続」と「分解」には
奇跡を必然にする力があることを
この映画から学ぶことができました。

最後に


個人的にこの映画で一番好きなキャラは
山﨑努演じる阿部サダヲの義父です。


最初は偏屈なオヤジなのかと思って見てたら
まったくその逆。
超~かっこいい親父です。


僕はこの人あってこその
ストーリーだとさえ思ってます。



りんごに限らず農業って本当に
血の滲むような苦労と激務の連続で

どの食べ物にも作ってくれた人たちの
汗と涙と愛が詰まってんだな・・・

ということをめちゃくちゃ痛感させられました。


この映画を見て
カッコつけるわけじゃなく
ホント素直に


日々何気なく食べている食べ物を
育ててくれている人たちへの感謝の想いを
より一層強く持たなければと思い


40歳間近にしてやっと ^^;
「いただきます」と「ご馳走様」を
深く感謝しながら言えるようになりました。



ビジネスを成功に導く
「継続」と「分解」の力だけでなく

忘れがちな感謝の気持ちにも気づかせてくれた
本当にいい作品でした!



Amazonプライムでも見れたので
もしよければぜひ御覧下さい。

 

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)