成功者はなぜ「古典」を読むのか? ~最近の本ばかり読んでるとバカになる?~

「成功したければ古典を読め」


「成功したければ古典を読め」

僕が尊敬する先輩経営者の人たちから
何度か言われたことがある言葉です。



実際、ビジネス誌などで特集される
「経営者が選ぶ絶対読むべきビジネス書」
といったランキングでは


・司馬遼太郎 の『坂の上の雲』
・ドラッカーの 『マネジメント』
・松下幸之助の『道をひらく』
・『論語』や『孫子』…etc etc


といった
数十年、数百年以上前に書かれた
いわゆる『古典』といわれる本が
ズラリと並びます。



他にも

●ソフトバンクの孫会長の愛読書は
 『孫子の兵法』だ

●スターバックスの業績向上に
 大きく貢献した岩田元CEOは
 『ドラッカー』を読みこんでいた

● オバマ 前アメリカ大統領の愛読書は
 『シェークスピア』だ



などのように
一流の経営者・指導者として活躍し
成功を収めた人たちが『古典』を好む
という話はよく耳にします。



なぜ成功者たちは
『古典』を好むのでしょうか?

『古典』とは何か?


そもそも『古典』とはどんなものか
を少し考えてみましょう。


「古典」と聞くと
学生時代の授業を思い出して


●昔の偉い人が書いた本
●読みにくい…
●なんか小難しい…
●文章がかたくて古くてよく分からない…



という少しマイナスなイメージが
湧いてきてしまうかもしれませんが、同時に


●読んでいると賢くなった感じがする
●ちょっと背伸びして買ってみたくなる本
●古来からの知恵が詰まっている
●本質的な感じがする



といったプラスのイメージも
必ず併せて持っていると思います。



それは『古典』


昔から多くの人々に時代を越えて読み継がれ
時代を動かした英雄や哲学者たちの
古来からの知恵が凝縮された本


として多くの人が認識しているからだと思います。


一言でいえば、『古典』とは
多くの知恵を学ぶことができる本
だと言えそうです。

最近の本は分かりやすいケド・・・


ではなぜ最近の本ではなく
昔の本である『古典』
好まれるのでしょうか?


『古典』は最近の本と何が違うのか
を少し考えてみましょう。



最近の本はよく
「薄い本が増えた」
と言われます。


少し調べてみると、30年ほど前と比べて
市場が縮小して販売数は減っているのに


年間で出版される本の数は
7万冊(1日約200冊)と
倍近く増えています。



これは昨今の書籍離れにより

「分かりやすく読みやすい本」
=「薄くてウケがいい本」


が好まれるようになり
出版社が意図してそのような
薄くてウケがいい本を大量に売り出し
数打ちゃ当たる戦法をとっているからです。



あえて読みやすくするために
難しい箇所を削って分量を減らし

内容的に安易で
取っつきやすいものにしないと売れない


ということです。



でもこの状態、よくよく考えてみると
読者にとっていいことばかりでは
なさそうです。



売れる本の数は減っているのに
出版される本の数は増え
しかも薄い本ばかりになっている

というのは


●映画の視聴者数は減っているのに
 映画のリリース数は倍増して
 内容は視聴者が考えずにすむ
 安易なストーリーばかり

●YouTubeの利用者は減っているのに
 ユーチューバーの数は2倍になって
 動画の内容は薄っぺらいものばかり



というのと同じ状態です。


つまり、
誤解を恐れずに言えば



「最近の本ばかり読んでいても
 賢くはなれない」

「古典と比べたら
 下手をするとバカになる」



可能性大ということです。



これこそが、成功者たちが
最近の本ではなく『古典』を
好んで読んでいる理由だと思います。


僕は最近の本が「ダメな本」だと
言いたいわけではなく


「知らない何かを知る」
「物事の全体像を掴む」
「行動を起こすきっかけにする」


という用途には適しているかもしれないけれど
しかし残念ながら


最近の本ばかり読んでいても
『古典』と比べれば
知恵も思考も鍛えられない可能性が高いよ



ということを言いたいだけです。


なぜなら先ほど書いたように
最近出版された本は
難しい箇所を削り薄くして

「頭を使わなくても読める
 分かりやすい本」

になってしまっていることが多いからです。



人間の思考は
分かりやすく具体的な事例ばかりでなく

抽象的でときに曖昧な概念を
頭を使って考えるからこそ
鍛えられ成長します



『古典』の本には
この抽象的な難しい概念が
ふんだんに入っています。


だから思考が鍛えられ成長し、
成功へと近づく学びが得られるんです。


反対に
具体的で読みやすく
頭を使わないものばかり読んでいたら
思考は鍛えられず
下手をするとバカになります



もしあなたが、
読書によって頭を使い、思考を鍛え、

・今の自分を変えたい
・次のステージへ行きたい


と思うのであれば
『古典』と呼ばれる本に
挑戦してみることをお勧めします。



とは言え

「普通の本でさえ読むのに苦戦してるのに
いきなり難しい古典に読むのは
ハードルが高すぎる」

と今思った人もいると思います。
僕も昔はそうでした…


そんな方にお勧めの方法として

ウェブサイトやYoutubeで
これから読む古典の概要をざっと見てから
読み始める


という方法があります。



これまで読んだ人が大勢いるというのが
『古典』の大きなメリットです。


本のあらすじや難しいと感じる箇所を
説明してくれているウェブサイトや
Youtubeはたくさんあります。


これらにざっと目を通してから
読み始めるだけで
読みやすさが格段に上がります。


もしよければ試してみて下さい。



僕も読書によって思考を鍛え
より成長したいので
もっと『古典』を読んでいこうと思います。

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)