ブランディングとは? 意味やメリット・デメリットをわかりやすく解説!


こんにちは、田中 幸裕です。

今日はビジネスを行ううえで
重要な戦略の1つである
ブランディングについてシェアします。



普段生活をする中で
ベンツやルイ・ヴィトンといった
いわゆる高級ブランド品だけでなく

夕張メロンやとちおとめといった
食品などにおいてもブランド名
よく目にしますよね。

(僕も息子も
 とちおとめ大好きです!)


ブランドに対する共感や信頼などを通じて
お客さんにとっての価値を高めていく

マーケティング戦略の1つとして
【ブランデイング】があります。



ブランディングとは
 どのようなものなのか?

●ブランディングできると
 具体的にどんなメリットがあるのか?


ビジネス初心者の方でも分かるよう
わかりやすく解説していきます!

ブランディングの意味①|説明しなくても売れる


突然ですが
ベンツBMWと聞いて
あなたはどんなイメージを抱きますか??


高級、速い、ハイクオリティ、オシャレ、
カッコイイ、安全といったイメージが
頭に浮かんできますよね。



これは、何も言わなくても
ブランド名を聞いただけで

このような世界観が
お客の頭の中に浮かんでくるような

ブランドイメージを築くことができていて
なおかつお客の信用も獲得できている
からです。



「ブランド名」を聞いただけで
お客の頭の中に勝手に
良いイメージが浮かんでいるんです。


その結果、
「どうか買って下さい」
セールスしなくても売れる状態
にすることに成功しています。


ベンツの営業マンが
「どうか買ってください」
と押し売りしている姿は
見たことないですよね(笑)



ブランディングを行う意味のひとつとして

説明しなくても売れる

⇨ 営業の必要がなく
  コストと手間を省ける

⇨ 利益率が上がり、
 営業のための時間を
 新たな事業の立案などに使える

⇨ より利益が出る

⇨ 新規事業に投資できる

⇨ より利益を出せる (循環)

という好循環の流れを作り出せるという
大きなメリットが得られることがあります。



「セールスをしなくてもモノが売れる」

これはビジネスを行っていくうえで
かなり大きなメリットですよね。

ブランディングの意味②|値段の交渉をしなくて良い


多くのビジネスがなかなか儲からないのは
値段の交渉(=値下げ)を
させられているからです。



本当に多くの人が

「ライバルより安くしなければ」
「安い値段じゃないと売れないのではないか」


といった“恐れ”の中で値付けしてしまうため

本当は6千円で提供しても
お客さんに喜んでもらえるのに
3千円で売ってしまったりしています・・・
(このようなケースは本当に多いです)


これがブランディングできている場合には
胸を張って値段設定し、

値下げ交渉に応じることなく
販売をすることができるんです。

(もちろんある程度同業他社が
 いくらで販売しているのかを
 調査する必要はありますが)




例を使って説明してみましょう。

たとえばグッチのような
高級ブランド店でお財布を買う場合、


10万円の財布を見てあなたが
「10万円ですか」と訊いたときに

店員さんがニコッと笑って
「グッチですから」
と言えば、それでお客は納得してしまいます。

(むしろ聞いたこっちが
 少し恥ずかしくなる感じすかね)



しかし、もし八百屋さんであなたが
「このきゅうり100円ですか」と言えば

じゃあ90円にまけとくよ!」と
お店の人から言われる可能性が
高い思います 笑


これはその八百屋、もしくはきゅうりに
ブランドがないから” です。

(家の近くの商店街で買い物するとき
 実際よくこうなります)


ブランディングにより
値段の交渉が必要ないビジネスをできれば

収益を下げずに販売でき、
より利益を出せる

⇨ 新規事業に投資できる
⇨ より利益を出せる (循環)

と、こちらも
好循環の流れを生み出す
という大きなメリットが得られます。


あなたも値引きしないでモノが売れるなら
絶対にその方がイイですよね?


これもブランディングを行う
大切な意味のひとつです。

ブランディングのデメリット(弱点)

ここまでブランディングのメリットを
お話してきましたが
ブランディングにも
デメリット・弱点はあります



まず当然ながら
手間コストがかかります。



何でもかんでも
ブランドにはなるわけではないですし
オールマイティなわけでもありません。

■手間とコストがかかる

たとえば
名刺に「カリスマ」と入れたとしても

何がカリスマなのか
何がスゴイのか
をしっかりとPRできていなければ

お客さんの頭の中にイメージが湧かず
まるで説得力がないものになってしまうので
もちろんブランドにはなりません



お客さんが信頼してくれるような実績を
時間をかけて築きあげ、発信し、
それをお客さんにきちんと
認知してもらう必要があります。



「明日からブランドを作ろう」と言って
すぐにできるものではありません。

■オールマイティーではない

また既に、ある分野で
ブランドを確立できていたとしても

必ずしも他の分野に応用が
できるわけではありません。



例えば、

 ○ガソリンスタンド
  「ENEOS」のチューインガム
 ◯伊藤園のガソリンスタンド
 ○スタバの眼鏡
 ○ケンタッキーフライドチキンの回転寿司

が販売されても
正直あまり魅力を感じないですよね?!



ガソリンの味がするガムやお茶が出てくる
ガソリンスタンドが
頭に浮かんでしまうわけです。


逆に既に築いたブランドイメージを
うまく応用した成功例としては
BMWのマウンテンバイクなどがあります。


おそらく、他の自転車より
速く走れたりするわけではないと思いますが
相場価格2万円のものが
10万円で売れていたりします。



ここでデメリットとしてあげたものは
逆に言えば手間と時間がかかるからこそ

他がマネできないブランドを築いたときに
大きなメリットを得られるとも言えます。

まとめ

ブランディング


これまでの話をまとめると
ブランディングを行う意味・メリット

【1】説明をしなくても売れる

 ⇨ 売り込まなくても売れる
 ⇨ 営業の必要がなく
   コストと手間を省ける
 ⇨ より利益を出せる
 ⇨ 新規事業に投資できる
 ⇨ より利益を出せる(好循環)


【2】値段の交渉(値下げ)をしなくて良い
 

 ⇨ 収益を下げずに販売でき
   より利益を出せる
 ⇨ 新規事業に投資できる
 ⇨ より利益を出せる(好循環)

ということになります。


あなたがやろうとしているビジネスでも
ブランドについての
「方向性・ビジョン・戦略」
を考えてみてください。


まずは
 ・信頼と安心感
 ・ハイクオリティ
 ・マネできないユニークさ

を構築することから始めていくことで

お客さんがファン化する
→ 自然とブランド化していく
という流れを作ることを目指して

お客さんがファン化する
⇒ 自然とブランド化する流れを作り出すと
うまくいきやすいと思います。


PS

ブランディングについて
より詳しく知りたい場合は
黄金のおにぎり
という本がとてもおすすめです。

昔、友人に薦められて読んだ本で
少し古い本なのですが

ストーリー仕立てでとても読みやすく
されど内容今も使えるは濃いものなので
僕は今もバイブルとしてときどき読み返してます。

成長できると好評の無料メール講座

ブログは日記に近いものもありますが
メール講座ではもっと
実践的な内容をお話しています。

ちなみに無料です。
興味がある方はぜひ登録してみてください。

ときどきメルマガ限定企画も流しています。
かなり本格的なビジネスの話をしてるので
登録したらIQ的にもEQ的にも
一気に成長できると好評です。


現在、期間限定
どこにでもいる普通のサラリーマンが
パソコン1台で月収100万円を達成した
経験を通して学んだ


成功するためのエッセンス
ふんだんに詰め込んだ
全117ページの電子書籍を
無料でお渡し
しています。


無料メール講座に登録してみる


お名前(姓のみ)とメールアドレスを
入力すれば登録できます。

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

人生にワクワクとフルスイングの笑顔を!




もしこの記事を読んで

「知らないよりは
 知っていた方がいいでしょ!」

「タメになったよ!」
「分かりやすい!」「応援しよう」

と思って頂けた場合は
是非「いいね!」「シェア」「ツイート」など
のシェアをお願いします!

(すぐ下にボタンがあります)